スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡崎和郎 Who's Who-見立ての手法・小川信治-あなた以外の世界のすべて

千葉市美術館にタイトルの展示を観に行きました。千葉市美は8階にチケット売り場があり、8階と7階に展示スペースがあるのですが、8階から7階に移動する時に一度、展示場の外に出て7階に移動するようなつくりになっているユニークな構造。その構造を生かしたW個展が今回の展示。

はじめに「小川信治-あなた以外の世界のすべて」から

フライヤーなどの案内で紹介されている「人々の見慣れたイメージを極めて精密に改変し、重層的な世界の可能性を提示」した作品群が並んでいる。何処をどのように改変したかも判るようになっており、なんだが微妙な違和感を感じ続けることになる。「干渉世界」というタイトルの映像作品を早い段階で観るような展示となっていて10分26秒の作品なのだけれど、改変のタネ明かしの連続で・・・少し脳が揺さぶられて 。゚(゚´Д`゚)゜。

展示を観ているうちにちょっと気分が悪くなってくる。乗り物酔いのような。

ミルククラウンの作品(作品名は忘れた)がBOXの様になっている所で展示されているのだけれど、そのBOXから出て白い壁を注意深く観ていると、直径1cmくらいの穴が空いていて、その穴をのぞくと・・・これが「重なりの庭」?
この穴のところに作品のラベルとか無いので見落とし厳禁ですぞ(`・ω・´)ゝ

最後の「GRAND TOUR」と言う作品の小部屋では写真撮影OK

小川信治01


小川信治03


みんなで拡散して展示を盛り上げましょう(´∇`)

やはり現代美術は鑑賞にもパワーが要ります。現実のような虚構のようなイメージの連続で、展示を観終えた後の私の脳内イメージは下の写真のようでした。

小川信治02


7階に移動して「岡崎和郎 Who's Who-見立ての手法」。

フライヤーには「身の回りのものをモチーフにつくられた、楽しく愉快なオブジェで知られています。」と書いてあったので、今度は安心して観られるかなぁ~ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!! 少しも軽くない。

楽しげなパロディかと思いきや、引用されている作家に関する知識も要求されながら、その作家に対しての岡崎氏についての知識も要求されているような・・・。現代美術に対する無限ループのような知のバトルクイズ王決定戦的な展開(´;ω;`)

様々なジャンルから出題される大物に関する引用と解釈・・・これぞ、まさに芸術のパンクラチオン。一歩、また一歩と歩を進めるたびに登場する、時代震撼させた芸術家達。「あんた・・・この作家についてどんだけ知識があるの?えっ知らないの!」岡崎氏から次々と出題される難問・奇問に答えられるのか!!

答えられなくなった者はその場で脱落・・・なんてことは無いけど、かなりやっかいな展示である。

今しがた小川氏の展示で、脳を揺らされたばかりなのにこの展開。例えれば・・・総合格闘技のベルトをかけたトーナメントの試合で準決勝の試合の後、当日、決勝戦が行われる一日二回試合を行うような感じ。

疲れたよ・・・これだけヘビーな展示は久々です。10月18日は「市民の日」につき観覧無料とのこと、また行って観たい。

「黒田清輝」展を観にいった

上野駅の公園口に向かって階段を上りきると、
左手側に何やら長~い行列がヽ(*'0'*)ツ

駅中スイーツか!?などと思って、先頭を見にいったら
「若冲」のチケット売場。

NHKが日曜美術館のほかに2回も特番を組んで若冲を紹介していることやテレビ東京の「美の巨人」でも若冲の101匹ワンちゃんを紹介していること、会期が1ヶ月と短いことなど、若冲展に関してはいろいろと気になる点があり今回はパスしようと決めていた。

わざわざ東京都美術館まで確認をしに行かなかったけど、すごく混んでると思う。ちょっと調べただけだが、過去にローカルな美術館でもなかなかおもしろい切り口で若冲をとりあげている。展示に若冲とつくだけで動員数が増えるとも聞く。今後、近所で開催する若冲に期待したい。

上野公園内を東京都美術館の方向へと進みつつも・・・フェイント(誰に対してかは謎)をかけて右折、東京国立博物館へと向かう。

東京国立博物館へは過去に遠足等で来たかもしれない。知れないけれど、記憶が無いので今回が初めて。

国立東京博物館 平成館


博物館自体に興味が引かれるけど、黒田清輝についてはあまり興味が湧かないが、若冲のような混雑も無かろうと高を括っていたら大間違い。

会期も残り僅かなこの時期に行った自分も悪いが、芋を洗う場所すらないほどの混雑ぶり。

でもこのパターン・・・知っている。入口付近や最初のコーナーでは皆、熱心に解説のパネルとか読んでるけど、中盤くらいになるとみんな疲れて作品鑑賞もせず、椅子に腰掛けているパターン。作品の前での滞留時間も短くなる。

それになんだかこの展示会場(平成館)やたらと大きそうな感じがしたので前半はチラ見して足早に通り過ぎた。ラファエル・コランの裸婦とかはかぶりつきでみましたが(つω`*)テヘ

そしたら案の定、第2会場からはラクラク鑑賞状態になっていた。

ここからも裸婦だけは一所懸命に観た。それ以外はほどほどにするつもりであった。

日曜美術館で黒田清輝の紹介をした時、裸婦にスポットを当てて紹介していたのでスケベな気分満々で展示会場まで足を運んだのだ。

だけど「昔語り」のエリアで引っかかってしまったよ。「昔語り」自体は消失してしまって参考にモノクロの写真がパネル展示されていたのだけれど、制作のプロセスとして残っている下絵やら画稿が大量に展示されており、1枚の絵を描くために多くの地道な作業を積み上げているのだなぁ~と感心してしまい、あっち観たり、こっち観たりと会場内で一人、バタバタと動き回ってしまった
(;´Д`)

再現したアトリエ(椅子だのキャンバスなど)はしょぼいぞ(#゚Д゚)ここ、もっと予算かけてほしかった。

最後は「智・感・情」でっかい裸婦の絵が3つ。
エロエロキタ━━━━━━(≧∀≦)ノ━━━━━━ !!!!!だけど興味の関心は日曜美術館で紹介されていた朱の輪郭線と金の背景・・・部分的にある塗り残しのようなものの正体を探る事に気持ちが集中してしまった。テレビの画面で塗り残しの様にみえたところはハイライトのように塗られた金の絵具。背景の金よりもくすんでないってか、キラキラしてる金色でした。

何故なんだろ?

そんな疑問にひっかかって肝心なの観るの忘れた。゚(゚´Д`゚)゚。!!!!

足の親指と人差し指の間が空いている事。昔の日本人は草鞋とか履いていたから指と指の間が空いてたらしいのよby日曜美術館

ちなみに清輝つながりで・・・ろくでなし子。

朝日新聞5/12の社説に

判断の一部に釈然としない点もある。だが「わいせつ」の範囲にしばりをかけ、表現の自由や芸術活動に一定の理解を示した判決として評価したい。(中略)ねらい撃ちというほかない強引な摘発で、警察をチェックすべき検察もまた、その使命を果たさなかった。経緯を検証し、ともに姿勢を正す必要がある。


とあった。けど名前がねぇ・・・逮捕されたがっている。鳳凰院 響子とかにすれば逮捕されなかったかも。




展示を観て、すごく疲れたのでサッサと会場を後にして常設展へ。

常設でけ~ヽ(≧▽≦)ノ  1日じゃ回りきれん。

本館の1Fと2Fを歩くだけ歩いて(展示物はチラ見)ヘトヘトになってなんだかよく解らなくなりました。もうおウチに帰りたい。゚(゚´Д`゚)゚。

お家に帰る前に、今日一番大事な事・・・カレーを食べに行きました。
cf)カレー専門店 クラウン エース
芸術鑑賞よりもカレー食べる方が遥かに大事な事、重要な事。

もうなんだか、足も痛くなっちゃったけど頑張って丸井のある方へ西郷さんを右に見ながら歩いていった。


"ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!

定休日

カレー専門店 クラウン エース


もうおウチに帰る。゚(゚´Д`゚)゚。

ニキ・ド・サンファル展を観にいった

ニキ・ド・サンファル展01


メディアでの紹介では「カラフルな闘い」「ポップでかわいらしい」と紹介されているニキ。
フライヤーでの紹介のされ方も「かわいい」感を押している様だし、メディアを通じて見たニキの作品はポップでかわいいのだ。
もちろんフライヤーもポップでかわいいデキの良いもの。

けど、会場に展示されている作品を観るとむしろアウトサイダー・アートアール・ブリュット等を扱った展示で観る作品とよく似ている。描き方や色使い、筆圧までもアウトサイダー・アートのそれと似ている。

※以下参照資料之回想

ニキは上流階級の出なのだけれど「家庭環境が複雑」だった様で、女性として生きる事にやるせなさを感じていたらしい。

日曜美術館で紹介されていた「ダディ」というショートフィルムの中で、父親から性的虐待をうけたことが紹介されていた。

結婚して子供を産んでからもそのキズが癒える事は無く、精神のバランスを崩し、ニキは治療のためアートと出会う事になる。

ニキがアートと関わるきっかけがアウトサイダー・アート的であったのだから、アウトサイダー・アート的であるのもうなづける。

・自分の開放のためにアートにしがみついた。
・生きるか死ぬかの選択
注)日曜美術館で紹介されていたのだが、本人の言葉として紹介されていたのかどうかは忘れてしまいました。

※回想終了

これがニキ・アートのはじまり。で、1961年の射撃絵画でメジャーデビュー?

最初のコーナーで2分以内のショートムービーで射撃の様子が見られます。

以外とこじんまりとやっていた感じで以外だったけど。けど、私は何者なの?

第二のコーナーから代表作のナナが登場して、ニキらしさが全開となる。ここからはどこを割ってもニキ・ド・サンファル。ポッキン、ニキ・ド・サンファル。

メディアを通してみるとポップでかわいいかもしれんのだが・・・直に観るとやっぱりアウトサイダー・アート。描き方も色も、筆圧さえもアウトサイダー・アート(個人の感想です)

政治的なメッセージを読み取ろうとする雰囲気もあるけれど・・・アウトサイダー・アート(Eva Droppovaって人に似てるであろうというイメージが拭えない・・・個人の感想です。)

時代との関係もあるのだろうし、いろいろである。

見逃してならないのがニキ作品の台座、つまり、ジャン・ティンゲリーの仕事。いい仕事してます(o^-')b

ティンゲリーの台座でなければニキの仕事の魅力も半減(´・ω・`)評価も低くなっていたかもしれん・・・ってくらいのものです。台座も凝視せよ(#゚Д゚)!!

第六のコーナー、タロット・ガーデンに展示されていた「大きな蛇の樹」素敵です。スポットライトにキラキラ輝いて、回転していればミラボールの様でしたのに・・・ニキの作品は動いているとさらに魅力が増すのに残念。(最近なにかと物騒なパリではニキの作品が水を噴水しながら回ってます)


※拡散用画像(指定されたエリアからの撮影可)

ニキ・ド・サンファル展02





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。