スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iMovie'11でビデオカメラの動画を取込む

iMovie'11でビデオカメラから動画を取込むには、カメラとMacを接続すればいい・・・ただそれだけ。カメラの種類によってUSB接続になる場合とFireWire接続になる場合がある。

MacBook Proの場合、気をつけなければいけないのがFireWire400ではなく800の端子しか無い事。接続ケーブルもFireWire800に対応したものが必要となる。FireWire400用のケーブルしかないのなら変換アダプタを使用してFireWire400から800用に変換する事で対応出来る。

以下は「手動」での取り込み方法です。
iMovie読み込みウインドウ


  • ビデオカメラを再生できるようにスタンバイ

  • ビデオカメラのiLINK端子とMacbookのFireWire800をケーブルで接続

  • iMovieを起動、左にあるカメラマークのボタンを押せば自動でカメラを認識

  • iMovie上の読み込みウインドウの再生ボタン、もしくはカメラ側の再生ボタンを押せば再生がはじまる。

    この時SONYハンディカムHDR-HC3の場合、Pメニュー▷3/3ページ目の「iLINK DV変換」の項目が『入』になっているとiMovieは動画を取り込んでくれません(´・ω・`)
    『切』にしましょう。Tapeを早送りして、頭出しをしたら[読み込む…]ボタンを押します。


取り込みの設定は任意で・・・1080HDビデオの読み取りサイズは[最大―元のサイズ]でいけます(`・ω・´)

取り込み設定


miniDVからHDVの1080iで取込むと、動画が2分を越えると取込み画面のプレビューが駒落ちしてくる。なんだか苦しそうな感じでカメラのモニターよりも表示が遅れるけれど・・・取込まれたデータに関しては問題ない。ここら辺が処理速度の限界?

TimeMachine用の外付けHDを外してみる。もちろん自動バックアップはoffにしているけれど。外しても、苦しいモノは苦しい。5分連続の取込みでは・・・停止ボタンを押した後も1分くらいは取込みプレビューが進行していた。それくらい追いつかなくなってしまったんだね(´・ω・`)

取込んだ動画の量が増えてくると・・・1分30秒くらいでも追いついてゆけなくなる様子。

それでもminiDV7本からセレクトした動画を取り込んで編集出来るのだから、動画を編集するマシンとしては十分であろう。かつてビデオトースターなる動画編集機が100万円位したのを知っている私としては・・・非の付けどころが無い(`・ω・´)

今回取り込んだ動画の編集作業に取りかかるのはもう少し先になりそうだけれど気付きがあったらまた、記事にしようと思う。

iMovieの参考書

平置きがなく、棚に本の背表紙がずらりと並んでいる、図書館のような本のレイアウトをしている本屋で何冊かの本をパラパラとめくってみる。

その中でなんとなく気に入ったのが「iMovie ’11レッスンノート」

iMovieからiDVDまでを1冊の本にしているので、iLifeの解説本よりはiMovieについて詳しく載っている。iLife全般を知りたい人は数多く出版されている「はじめてのiLife'11」的な本でよいのだろうけどiMovieについてあと一歩踏み込んだ解説を・・・と思っている人ならこの本がおすすめ。ネットで素材もダウンロードできます。

第2章「映画の予告編のようなムービーを作る」までやってみた(´∇`)

基本的には用意されているテンプレートに素材を入れて、必要な箇所にテロップの文字を入力するだけの簡単仕様。けど(バカバカしくもあるが)なんだかとても楽しい動画が完成しました。

大満足ヽ(≧▽≦)ノです。満足してしまって、本日はココまでで終了してしまった。2章の最後にはYouTubeでの公開の仕方について書いてある。

iMovieのようなバンドルソフトは、なかなか本気で向き合わないけれど・・・このソフトにもジョブスのこだわりを感じてしまうよ(´・ω・`)

たしかジョブスが亡くなった後、テレビの特集かなにかで見たのだが、iMovieで子供を撮影したビデオを編集して奥様にみせたら涙したそうな。それでジョブスは大きく舵を切った・・・的な事を言っていたと記憶する。iMovie2で編集して映画館で上映した監督もいる。おまけのソフトなどではなくビジネスでも十分に対応できるソフトと思って取り組みたい。

MacBook Pro MC721J/Aというノートパソコンではあるが、画面いっぱいの動画をサクサクと扱ってくれるのは感動的ですらある。

楽々とムービーの編集を終えた訳だが・・・まだまだ、感覚的に処理した感じ。もちろんiMovieの本質は感覚的に録画した思い出のムービーを作品にするためのアプリなのだが、もう少し突っ込んで、結果を予想しながら作業が出来ると望ましい。

特に動画の規格圧縮形式について、勉強しないと様々な形式の動画を1本にまとめたりすると・・・画質のチグハグさが目立つ様な気がする。後日、規格圧縮形式についても記事にしてみようと思う(`・ω・´)

iMovieでやってやる

動画の編集となれば大量のデータを扱うのでHDへの負荷が増す。CPUのパワーもさることながらHDの性能が要求されていた・・・そんな時代もありました。

私が初めてMacで動画を編集したのはMacintosh Ⅱの頃。50円切手くらいのサイズで12フレでもコマ落ちしていたものだ。それが今では・・・。

去年から今年の前半に、縁があってiMovieを使って展示用の動画を編集することになった。使用したのはお借りしたMacBook Pro 2000/15 MC721J/Aだったのだけれど、サクサクと動く動画を見た時は(゜o゜;) って感じだった。昨今ではiPhoneやiPadでも動画が編集出来るようになったのだから、何かが根本的に違うのであろう。

そんな縁もあり、アナログ(ビデオテープ)動画の編集はMacBook Proでやろうと思っている。できのよいマシンと思ったので、今では同じプロダクトのモノを所有している。OSはLionだけどiMovieはどちらもiMovie'11なので、当時のメモなどを参考に書き進めようと思う。

また現在、家で使用できるiMovieのバージョンが
  • 10.2のiMovie 2.1.2
  • 10.4のiMovie HD
  • 10.7のiMovie'11
と3種類あるのでエフェクト等、流行廃りがあるのでしょう、バージョンによって異なるので興味深いエフェクト等があったら古いバージョンのiMovieで書き出してからMacBook Proに移動しようと考えているところ。

20111013、下記の理由でiMovie'11の解説本を探すことにした。

iMovie'11は以前のバージョンに比べて機能も豊富になっているし、使いかっても良くなっている。大抵のことは直感に頼っても困らないのだが・・・やはり1冊くらい、解説本を買った方が良さそうである。iアプリを使いこなす事がジョブスへの手向けになるであろう事を祈るばかりである(´・ω・`)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。