開業届も提出しなきゃ

青色申告承認申請書は、開業届をあらかじめ提出していないと(或いは同時に提出しないと)、税務署で受理してもらえない事に気付いたので・・・気付いたところで書き方など知らぬ。だから・・・とりあえず、検索。

この手の事はネットで検索すれば、私の様な素人でも十分理解できるくらいイロイロ見つかる。まづは国税庁のホームページにアクセスして、下記のリンクより届出書をダウンロードする。赤の下線や囲み、丸で囲んだところを記入。

[手続名]個人事業の開業届出・廃業届出等手続
個人事業の開業・廃業等届出書(PDFファイル/237KB)

開業届


屋号は書かなくてもOK。「単なる自称」という扱いらしく、再度書類を提出すればいつでも変更可能とのこと。私は書きましたがね。


[手続名]所得税の青色申告承認申請手続
所得税の青色申告承認申請書(PDFファイル/151KB)

青色申告申請書



私の場合、青色申告承認申請書の簿記方式は簡易簿記なので、後者に丸をつけました。備付帳簿名の箇所は事業内容によって異なると思いますが、分かる範囲内でいいような事をネットで見たので、上図のような感じでOKのような気がする。

書き上げた書類を持っていざ!所轄の税務署へ(`・ω・´)っとその前に。

コピーもいっしょに提出すると「控」ってハンコを押して「控え」として返却してくれるので、屋号で銀行口座など開きたい人はコピーも持っていった方がいい。屋号で口座を開設するには「控え」が必要らしい。


開業届けは無審査なのだが、青色申告の方は税務署の審査があるとのこと。申請した年の12月31日までに通知(ダメ出し)がなければ、申請書は無事承認されたことになります。


☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*・☆.。:・★.。:*・☆。:*☆


上記のとおり下調べをして準備万端・・・昨日、所轄の税務署に「開業届」と「青色申告承認申請書」を提出してきた。税務署に辿り着き、総合受付なる場所で届出書を提出すると・・・ポンポンってハンコ押しておしまい。秒殺、いや瞬殺されて終了。

これで私もフリーランスである。ちなみに提出した日は仏滅だったけど(´・ω・`)

書類の控え


コメント

非公開コメント

トラックバック

http://tethering.blog84.fc2.com/tb.php/92-a3c2e4e1