青色申告プロジェクト

ココ数年はアカラサマなフリーランスである。それでも毎年、確定申告は白色で乗り切ってきた。

ところが今年(平成26年1月)から記帳・帳簿等の保存制度の対象者が拡大される事になったようで、それまでは

○白色申告の方のうち前々年度あるいは前年度の事業所得の金額の合計額が300万円を超える方

は白色申告でも記帳・帳簿等の保存が必要だったのだが、今年からは

○事業所得、不動産所得又は山林所得を生ずべき業務を行う全ての方です。※所得税及び復興特別所得税の申告が必要ない方も、記帳・帳簿等の保存制度の対象となります。

と変更になり、私も「記帳・帳簿」をつけなくてはならなくなった。

図書館で借りてきた「フリーランスを代表して申告と節税について教わってきました。」という本を読んだところ手間は白色でも青色申告の10万円コース(青10)でも一緒とのこと。
帳簿をつけるのはめんどくさそうだけど、つけなきゃならないのなら節税ができる青色申告にした方がいい。節税できるその訳は・・・下記の通り、青色申告特別控除があるから。

○青色申告者の方で、事業所得又は不動産所得を生ずべき業務に係る取引を 「正規の簿記の原則(一般的には複式簿記)」に従って記録している方は、一定の要件の下で、その年分のこれらの所得の計算上、青色申告特別控除として、最高65万円を控除することができます。
上記以外の方については、青色申告特別控除として、最高10万円を控除することができます。


青色申告の10万円コース(青10)とは上の文中の「上記以外の方」を指しています。具体的には複式簿記でなく簡易簿記で済ましますって事。簡易帳簿には特定のフォーマットがあるわけではないので、自分の業務内容に合ったものでかまわない。

それなら・・・青色申告しようと思い立ったのだ。

帳簿・書類の保存期間は

帳簿では□収入金額や必要経費を記載した帳簿(法定帳簿):7年保存
    □業務に関して作成した上記以外の帳簿(任意帳簿):5年保存
書類では□決算に関して作成した棚卸表その他の書類:5年保存
    □業務に関して作成し、又は受領した請求書、納品書、送り状、領収書などの書類:5年保存

とにかくいろいろ保存しておけばいいのだろう。

さらにいろいろと調べると・・・小売や飲食でもないかぎり、日々動くお金は限定される。
クリエイティブ関係のフリーランスの場合、多くは納品後、もしくは毎月決まった日にお金を頂く事になるので売上(収入)はそれを記録すれば良し。売掛、買掛などなし。在庫もないので棚卸しもない。後は日々の経費を記録するだけでよいのだ。(含む。領収書の管理)

そんな訳で青10の簡易帳簿であれば現金出納帳経費帳収入簿の3点もあれば事足りる・・・ような気がする。

と言う事で青色申告する事に決めた。


税務署に行って申込済ませちゃおうか(^▽^)等とルンルン気分になっていたら・・・「所得税の青色申告承認申請書」は、開業届をあらかじめ提出していないと(或いは同時に提出しないと)、税務署で受理してもらえないらしい。この事実に今更気付く事となる(´・ω・`)


「開業届」を提出するした者のみが受けることが出来る恩恵。
それが青色申告。


昨年まで白色申告であった私は、3月15日までに「開業届」と「所得税の青色申告承認申請書」を提出しなければ、今年から青色申告者として確定申告が可能にならないのです。

複雑な世の中なのである(´・ω・`)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://tethering.blog84.fc2.com/tb.php/91-d9c57044