アシナガバチさされた(4日目)

以下、ココに書いてあるアシナガバチに刺された時の対応は私が、個人の判断に基づき行なったもので、これが正しい対応であったかどうかは解りません。自己責任で対応をお願いします。

病院(皮膚科、近所になければ外科でも対応してくれると思います。要確認の電話)に行くのが一番です。慎重に対応しなければならないケースもある事をキモに命じてください。

下図の赤い部分が腫れたり、痛みがある部位になります。

アシナガバチにさされた(4日目)


朝起きてみるともうほとんど熱もとれ、腫れもひいていた。キンカンは熱を奪うだけでなくかゆみ止めにもなるので、継続してヌリヌリ。本日もなんだかよく解らない抗生物質を飲んで様子を伺う事にしてみた。

人差し指にしわも出現してきた。パンパンに腫れていた時は指の形もボンレスハム化し、しわも無くなってしまったが、本日はだいぶ以前の指と同じ形状に戻りつつある。手の甲の腫れも収まりつつある。なにより、指を曲げる事にストレスを感じる事が無くなった。

回復している・・・気分から確信へと変わる。本日は積極的に保冷剤を使用して患部を冷やす事なくても、熱を持ったりしていないのがいい所(´∇`)

もはや病院へ行く必要も無かろう。

それでも図の範囲はちょっと痛かったり、かゆかったりした。そんな時はCool Japanのキンカンを塗って・・・回復への道程が見えてきた。安心した。


アシナガバチの本家らしきブロック塀風抜き穴の巣を駆除してから、家の周りをウロチョロしているアシナガバチが激減した。豊島区のこのページにあるようにアシナガバチは積極的に人を襲うような蜂ではなくて、むしろおとなしい性格で毛虫とかとる益虫なので共存したかった。

しかし放置するとどんどん数が増えてビジュアル的にも不安が増すし、リスクも高まる。今回あらたに刺された事によってアナフィラキシーショックのリスクも高まりました。

ごめんねm(_ _)m あなた達とは共存出来ません。今後は巣を発見したら早期に殲滅します。

蜂ほいほい(手作り&市販品もあり)ってのもあるみたいだし、巣を作る前に駆除します。

関連記事
  1. アシナガバチさされた(序)
  2. アシナガバチさされた初期対応(当日)
  3. アシナガバチさされた(2日目)
  4. アシナガバチさされた(3日目)
  5. アシナガバチさされた(4日目)
  6. アシナガバチさされた(5日目以降)


コメント

非公開コメント

トラックバック

http://tethering.blog84.fc2.com/tb.php/57-71b673ea