アシナガバチさされた(3日目)

以下、ココに書いてあるアシナガバチに刺された時の対応は私が、個人の判断に基づき行なったもので、これが正しい対応であったかどうかは解りません。自己責任で対応をお願いします。

病院(皮膚科、近所になければ外科でも対応してくれると思います。要確認の電話)に行くのが一番です。慎重に対応しなければならないケースもある事をキモに命じてください。

下図の赤い部分が腫れたり、痛みがある部位になります。

アシナガバチにさされた(3日目)


3日目。朝起きると・・・症状はさらに悪化している感じ。昨日の夜には手の甲までパンパンになっている気分だったが、本日3日目になると気分では済まされない。本当にパンパンだ!

熱も持っている。なので朝から右手をせっせと冷やしていた。連日の猛暑、猛暑、猛暑。連日の高温注意情報。アイスノンみたいなのでは手の熱を奪う前に、気温に冷気を奪われてしまう。そこで保冷剤を使用する事に。

図の赤い部位が熱を持って赤黒く腫れている。もう一寸指を曲げるだけでも痛いくらいだ。これは病院へ行かなければならないとネットで検索するも・・・何故か火曜日は多くの皮膚科が休診日(´・ω・`)

火曜日は皮膚科学会の祭りなのか?

保冷剤を手の上に乗せながら考える。

冷やせば腫れは収まる傾向にある。

みるみる悪化している様子ではない。

検索して見つけた病院も1軒だけだが・・・ある。

昼まで様子を見た。

本日は朝食後になんだかよく解らない抗生物質を飲んで、とにかく保冷剤で右手を冷やし続けた。そのかいあってか昼頃にはだいぶ状態が落ち着いてきた感じ。

そこで近所のドラッグストアに行ってキンカンを買ってきた。あと熱さまシート。家に帰ればまたぞろ保冷剤にて患部を冷やす・・・そのかいあってか、夕方くらいには熱が冷めてきた。

試しにキンカンを塗ってみる。キンカンを買ったのはネットでのヒット率の高さから。キンカンなんて所詮「蜂に刺されたら小便でもかけとけ」と同じノリと思っていたのだが、検証してみるには絶好の機会なので試してみた。

試したのは夕方。既に患部の熱はだいぶひいた感じだったけど・・・キンカン超Cool!!!。いやいやバカに出来無い感じ&もっと早くから使っておけば良かった。そう思わせるくらいのクールさだ!ちょっと臭いけど・・・(アンモニア水入り)

どのくらいCoolかと言えば、キンカンを塗った事で明日には腫れがひいてるかもしれない・・・そんな気分にさせてくれる優れもの。

夜寝る時には熱さまシートを患部に貼って寝た。これはいいかも(´∇`)さすが俺って思ったほどだ。

関連記事
  1. アシナガバチさされた(序)
  2. アシナガバチさされた初期対応(当日)
  3. アシナガバチさされた(2日目)
  4. アシナガバチさされた(3日目)
  5. アシナガバチさされた(4日目)
  6. アシナガバチさされた(5日目以降)


コメント

非公開コメント

トラックバック

http://tethering.blog84.fc2.com/tb.php/55-174a4e1c