アシナガバチさされた(序)

ブロック塀風抜き穴の部分にアシナガバチが小さな巣を作った。
30cmくらいそばに寄って様子を見ても、襲ってくる事もなく、たいへんおとなしく礼儀正しかったので暫く観察する事にした。

小さかった巣も日に日に大きくなり、なんだか蜂の数も増えてきている。

巣の直径が10cm以上になり、蜂の数も増え、巣の穴の何カ所かの入口が塞がれてきた(中で幼虫が育っているんじゃないかな)頃・・・蜂の何匹かが手狭になった本家から分家の場所を探しているような行動を始めた。

この行動はよく見かける。夏になると1匹のアシナガバチが戸袋の辺りを長いことホバーリングしながら、何か狙っている素振り。

そんな時、大抵はオラオラと追っ払うのだけど・・・油断してると、小さな巣が出来ていたりする。

そんな素振りをしているアシナガバチが家の周りで、あっちにも、こっちにも((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

そんな状況のまま8月26日の日曜日。暑いけど・・・気合いを入れてお掃除をしていた。

夏場になると開け閉めしない雨戸も、久々に全開しようと雨戸を戸袋に引き込むと・・・とてつもなく恐ろしい光景を目の当たりにする事となる。

蜂の巣をつついたようとはこの事か!

戸袋の中からアシナガバチがブンブンと出てくる出てくる((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

1匹が家の中に入ってきそうだったのでオラオラのラッシュで蹴散らしたが・・・もうこれ以上放置出来ない。アシナガバチと全面戦争だ・・・そんな気分!!!

で、ブロック塀の蜂の巣を除去するために仕込みをしようと迂闊にも巣から10cmくらいのところまで手を伸ばしてしまった。

アシナガバチの巣を除去するのは初めてじゃないし、観察とかしていて親近感もあったのだろう。いい気になっていた。いつもならまだ巣が小さいうちにゴキブリ系の殺虫剤を蜂にめがけて直接噴射して、一網打尽にしておしまいなのだが今回は余計な仕込みをしようと巣の近くまで手を伸ばしてしまった。(今となってはどんな仕込みをしようとしていたかも定かではない。興味本位にイタズラしようと思ったのかもしれない)

次の瞬間!一匹のアシナガバチがクルリと輪をかいた。そして激痛(›_‹)!!!!!

その間1〜2秒と言ったところか、スタープラチナをも凌駕するようなスピードで蜂に人差し指を刺された。

痛てー(# ゚Д゚) !!!!!!!!!
アシナガバチにさされたじょ。゚(゚´Д`゚)゚。

蜂に刺される・・・それは体内に注入された毒に対してどのように対応するか、と言う事である。私はそのスジの専門家ではないが、専門でないからと言って対応を誤ると命に関わるので、一連の経過を記録しておく事とした。

関連記事
  1. アシナガバチさされた(序)
  2. アシナガバチさされた初期対応(当日)
  3. アシナガバチさされた(2日目)
  4. アシナガバチさされた(3日目)
  5. アシナガバチさされた(4日目)
  6. アシナガバチさされた(5日目以降)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://tethering.blog84.fc2.com/tb.php/52-64dd8b93