ヒバリのさえずり、やかましい

ヒバリ


スズメ目ヒバリ科ヒバリ属なので漢字で書くと「雲雀」なのだろうか?漢字で書くとなんだか特殊な能力でも持っていそうな雰囲気である。個人的な印象としてはスズメよりもウズラに似ている様な気がするのだけれど・・・。

英語だとSkylark(すかいらーく)なのだ。だから昨今は「ヒバリ」のことを「ガスト」というらしい・・・宅配もやってるらしいぞ(`・ω・´)

ところで今の時期、嫌な気分にはならないけれどヒバリの囀り、やかましい。

羽ばたきながら囀る様子を見ていると、一頻り鳴いて地面に降りてくる事もあるけれど、なんだか力尽きて墜落するように降りて来る事もある。なんだってあんなに必死で鳴いているのか調べてみたら「縄張りを主張している」らしいのだが。


ヒバリは草の根元などの地上に浅い穴を掘って、枯れ草を材料にしてお椀型の巣を作る。草地や農耕地に住んでいるので、囀るのに適した木が無いから飛びながら鳴いている・・・との噂もあります。


ある年配の方の証言:麦畑の中にヒバリの巣があっても親鳥は直接、巣に降りたりはしない。離れた場所に降りて、身を隠しながら巣に近づいてゆく。だから、降りた場所を目当てに巣を探しても・・・決して見つかりません(´・ω・`)


話は変わるが・・・冬場に芝生の上をピョンピョンしている姿を見た事があるけれど、すごく地味な感じだ。

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://tethering.blog84.fc2.com/tb.php/29-efd8b3fc