コウモリは鳥じゃない

コウモリは鳥じゃない

コウモリは鳥ではなくて哺乳類です。

ピンクのコウモリ

哺乳類5,400種の実に・・・1,000種類以上、だいたい1/4くらいがコウモリの仲間達です。 (一番仲間の多い哺乳類は、ネズミですが)
しかも哺乳類で空を自由に飛べるのはコウモリだけ(`・ω・´)
ムササビは滑空しているにすぎないのだ。

以前はモグラの仲間(食虫目)だと思われていたけど 、DNA解析でいろいろ変わってきている 。 アブラコウモリ[コウモリ目ヒナコウモリ科] と書いてある本があるけれど・・・
ウィキペディアでは[コウモリ亜目 ヒナコウモリ科]になってました。

だけど、アブラコウモリもモグラも体に何かが触れていると落ち着く体質?はよく似ている。 アブラコウモリの場合はネグラがスキマで、お腹や背中が壁に密着していると 落ち着くらしい。
モグラも穴から引っ張り出したりするとすぐに土の中にもぐろうとするのは、 体の周りに土が密着していないと落ち着かない~っ。からのようです。

コウモリと言う名前の由来は「蚊を食べる」「蚊を殺す」「蚊を屠(ほふ)る」また、 エサが飛んでいる川のそばにいるから「川守り」「カワマモリ」などの音からコウモリと 呼ばれる様になったみたい。

アブラコウモリは残念な事に・・・江戸時代とかにはアブラムシとか呼ばれていたみたいだ(´・ω・`)

ちなみに、毒を持ったコウモリはおりません。ただし哺乳類なのでコウモリが狂犬病などを媒介することがあるので 注意が必要だ!

情報源:2010 千葉県立中央博物館 生態園トピックス展「まちのコウモリ」より


コメント

非公開コメント

トラックバック

http://tethering.blog84.fc2.com/tb.php/24-312f9315