「田中一村と東山魁夷」を観に行った

田中一村と東山魁夷 —千葉ゆかりの画家たち、それぞれの道—を観に行った。

唐画もん—武禅にろう苑、若冲もの同時開催(収蔵作品展)として行なわれており、おまけ感があるのだけれど・・・どっこい、私の目的は田中一村なのであった。

唐画もんも、ドラえもんも、ほりえモンも興味は無いけれど、日本画(唐画もんは唐画なのだが)についてもボチボチ知識を仕入れていてもよいだろう・・・との判断からちょっかいを出してみた。

山水の様な画が展示されていたけれど、あまりよくわからない。よくわからないけど、沢山観ているうちに「なんか解るだろう」的な気分でサクサクと展示を観て回る。

墨絵とか、今進行している仕事のアイデアになるかも(*´∇`*)と思いつつ、パクリはイカンぞ(`・ω・´)と心に誓う。

展示を観ていたら突然田中一村と東山魁夷のエリアに突入。

一村が凄すぎて、東山魁夷がチープに見えるほど。

一村の生涯を思えば、納得がいくのだが表装が安っぽいし、痛んでいるものが多い気が。表装にかけるお金がなかったのだろうし、管理も個人レベルで行なわれていたのだから致し方ないか。それでも画力ハンパ無い・・・ですよ。

椿図屏風とか圧巻(゚Д゚ )

左の2枚分の屏風(四曲の第三扇と第四扇と言えばいいのかなぁ?)に何も描かれていないのがミステリアス・:*:・(*´∀`*)・:*:・

そして(゜o゜;)なんと(゜o゜;)なんといつの間にかアダンの海辺が寄託されて展示されているではないかヽ(≧▽≦)ノ

神を描いた男・田中一村 (中公文庫) で読んだ一村の言動に納得。本の中で一村が「ココの石がダメだ」みたいなことを言っていたのでじっくりと見てみたけど・・・皆目見当がつかない。だってなんか、砂粒一つ一つを描く様な勢いの画面だったぞっ。

遠くに浮かぶ積乱雲もいい感じで描かれていた。この辺りになると印刷物ではわかりませんので、本物を鑑賞して下さい(`・ω・´)

アダンの海辺があるなんて、やるな!!千葉市美術館(o^-')b

気分良く家路に向かうことが出来ました。

多少の知識が無いとかなり異なった印象を持ってしまうこともある。過去の日記「田中一村 新たなる全貌 を観に行った。」を読んでそう思った。

けれども、それこそが It's real. ってやつだろう。

どっかの誰かが、こっそり創った作品に興味を示すことなど皆無。


コメント

No title

う~~・・・まだ観に行っておりません><;
気温の変化に身体がついて行けなくて、日々調子が悪い;;

一村、好きです。確かな画力と恐ろしいほどの力強さ。
一村を知るまで、日本画にあまり興味が無かったけれど
あまりのパワーにすっかり洗脳?されちゃいました。

ただ・・・生きている間のあまりの「頑なさ」が
彼のもったいなさな気がしてなりません。
もう少し上手く生きることはできなかったのかな・・・

2015年10月07日 15:21 from 金柑洞URL

Re: No title

激しすぎる気温の変化・・・去年の今頃は
まだ暑かったような??

一村は発見されただけでも良かったのでは?

本人のためでなく、こんな絵を描いている人が
いることを知ることができた我々にとって

知ることなしに消えてしまう作品の方が多いので
しょうね、きっと。

2015年10月07日 21:40 from 生き様DiskURL

非公開コメント

トラックバック

http://tethering.blog84.fc2.com/tb.php/113-55454596