アシナガバチさされた(5日目以降)

以下、ココに書いてあるアシナガバチに刺された時の対応は私が、個人の判断に基づき行なったもので、これが正しい対応であったかどうかは解りません。自己責任で対応をお願いします。

病院(皮膚科、近所になければ外科でも対応してくれると思います。要確認の電話)に行くのが一番です。慎重に対応しなければならないケースもある事をキモに命じてください。

下図の赤い部分が腫れたり、痛みがある部位になります。

アシナガバチにさされた(5日目)


5日目以降も時折上図の部位が痛がゆくなったりする事があったり、やや熱っぽかったりする事があるのだけれど・・・多分大丈夫。

かゆくなった時はキンカン塗れば直るし。

アナフィラキシーショックについても、マスコミなどで必要以上に煽るような言われ方をしているが、発症する可能性は低いと思っていい(いいらしい、ネットで見る限り)・・・けど、去年まで花粉とか平気だったのに、今年から急に花粉症になったりする事があるでしょ(実はわたし)

油断は禁物なのだ。(蜂アレルギーは病院で検査出来るらしい)

関連記事
  1. アシナガバチさされた(序)
  2. アシナガバチさされた初期対応(当日)
  3. アシナガバチさされた(2日目)
  4. アシナガバチさされた(3日目)
  5. アシナガバチさされた(4日目)
  6. アシナガバチさされた(5日目以降)


アシナガバチさされた(4日目)

以下、ココに書いてあるアシナガバチに刺された時の対応は私が、個人の判断に基づき行なったもので、これが正しい対応であったかどうかは解りません。自己責任で対応をお願いします。

病院(皮膚科、近所になければ外科でも対応してくれると思います。要確認の電話)に行くのが一番です。慎重に対応しなければならないケースもある事をキモに命じてください。

下図の赤い部分が腫れたり、痛みがある部位になります。

アシナガバチにさされた(4日目)


朝起きてみるともうほとんど熱もとれ、腫れもひいていた。キンカンは熱を奪うだけでなくかゆみ止めにもなるので、継続してヌリヌリ。本日もなんだかよく解らない抗生物質を飲んで様子を伺う事にしてみた。

人差し指にしわも出現してきた。パンパンに腫れていた時は指の形もボンレスハム化し、しわも無くなってしまったが、本日はだいぶ以前の指と同じ形状に戻りつつある。手の甲の腫れも収まりつつある。なにより、指を曲げる事にストレスを感じる事が無くなった。

回復している・・・気分から確信へと変わる。本日は積極的に保冷剤を使用して患部を冷やす事なくても、熱を持ったりしていないのがいい所(´∇`)

もはや病院へ行く必要も無かろう。

それでも図の範囲はちょっと痛かったり、かゆかったりした。そんな時はCool Japanのキンカンを塗って・・・回復への道程が見えてきた。安心した。


アシナガバチの本家らしきブロック塀風抜き穴の巣を駆除してから、家の周りをウロチョロしているアシナガバチが激減した。豊島区のこのページにあるようにアシナガバチは積極的に人を襲うような蜂ではなくて、むしろおとなしい性格で毛虫とかとる益虫なので共存したかった。

しかし放置するとどんどん数が増えてビジュアル的にも不安が増すし、リスクも高まる。今回あらたに刺された事によってアナフィラキシーショックのリスクも高まりました。

ごめんねm(_ _)m あなた達とは共存出来ません。今後は巣を発見したら早期に殲滅します。

蜂ほいほい(手作り&市販品もあり)ってのもあるみたいだし、巣を作る前に駆除します。

関連記事
  1. アシナガバチさされた(序)
  2. アシナガバチさされた初期対応(当日)
  3. アシナガバチさされた(2日目)
  4. アシナガバチさされた(3日目)
  5. アシナガバチさされた(4日目)
  6. アシナガバチさされた(5日目以降)


アシナガバチさされた(3日目)

以下、ココに書いてあるアシナガバチに刺された時の対応は私が、個人の判断に基づき行なったもので、これが正しい対応であったかどうかは解りません。自己責任で対応をお願いします。

病院(皮膚科、近所になければ外科でも対応してくれると思います。要確認の電話)に行くのが一番です。慎重に対応しなければならないケースもある事をキモに命じてください。

下図の赤い部分が腫れたり、痛みがある部位になります。

アシナガバチにさされた(3日目)


3日目。朝起きると・・・症状はさらに悪化している感じ。昨日の夜には手の甲までパンパンになっている気分だったが、本日3日目になると気分では済まされない。本当にパンパンだ!

熱も持っている。なので朝から右手をせっせと冷やしていた。連日の猛暑、猛暑、猛暑。連日の高温注意情報。アイスノンみたいなのでは手の熱を奪う前に、気温に冷気を奪われてしまう。そこで保冷剤を使用する事に。

図の赤い部位が熱を持って赤黒く腫れている。もう一寸指を曲げるだけでも痛いくらいだ。これは病院へ行かなければならないとネットで検索するも・・・何故か火曜日は多くの皮膚科が休診日(´・ω・`)

火曜日は皮膚科学会の祭りなのか?

保冷剤を手の上に乗せながら考える。

冷やせば腫れは収まる傾向にある。

みるみる悪化している様子ではない。

検索して見つけた病院も1軒だけだが・・・ある。

昼まで様子を見た。

本日は朝食後になんだかよく解らない抗生物質を飲んで、とにかく保冷剤で右手を冷やし続けた。そのかいあってか昼頃にはだいぶ状態が落ち着いてきた感じ。

そこで近所のドラッグストアに行ってキンカンを買ってきた。あと熱さまシート。家に帰ればまたぞろ保冷剤にて患部を冷やす・・・そのかいあってか、夕方くらいには熱が冷めてきた。

試しにキンカンを塗ってみる。キンカンを買ったのはネットでのヒット率の高さから。キンカンなんて所詮「蜂に刺されたら小便でもかけとけ」と同じノリと思っていたのだが、検証してみるには絶好の機会なので試してみた。

試したのは夕方。既に患部の熱はだいぶひいた感じだったけど・・・キンカン超Cool!!!。いやいやバカに出来無い感じ&もっと早くから使っておけば良かった。そう思わせるくらいのクールさだ!ちょっと臭いけど・・・(アンモニア水入り)

どのくらいCoolかと言えば、キンカンを塗った事で明日には腫れがひいてるかもしれない・・・そんな気分にさせてくれる優れもの。

夜寝る時には熱さまシートを患部に貼って寝た。これはいいかも(´∇`)さすが俺って思ったほどだ。

関連記事
  1. アシナガバチさされた(序)
  2. アシナガバチさされた初期対応(当日)
  3. アシナガバチさされた(2日目)
  4. アシナガバチさされた(3日目)
  5. アシナガバチさされた(4日目)
  6. アシナガバチさされた(5日目以降)