羽化をしくじる揚羽蝶

羽化をしくじる揚羽蝶サムネイル01

柑橘系の木のそばに落ちていたのでナミアゲハのように思うのだが、翅がボロボロなので判別がつかない。残念だけれど、羽化をしくじったようだ。

気分的には羽化というより翅化なのだけれど・・・蛹から出てきて成虫になる時、翅を広げるために体液を翅脈に送り込むのだが、何がしかの理由で上手く行かなかったのだろう。左の翅が広がる事無く・・・しわくちゃのままになっていた。

右の翅も羽化の時になったものか、飛べないが故に天敵にやられたり、地面をバタついている時に傷ついてしまったのか? コチラの翅もボロボロだ。

羽化をしくじる揚羽蝶02サムネイル


ウィキペディアを見ると羽化によく見られる事故なのだとのこと。翅が伸びるための十分な空間が無かったりして、柔らかい翅が何かに触れたりすると翅が十分に伸びきらなかったり、歪んだりする。

写真で見る限り、右の翅は体液が上手く送り込まれずに広がる事さえなかった様子だ。

翅が伸びきるのに数十分、乾くにはさらに時間がかかるとの事。その間はあまりにも無防備なのだが「もっとうまくやれないものか」と思うのは人の愚かさ故か?

ネットを見ていたら、羽化に失敗したモンキアゲハを保護して12日ほどハルジオンや水を与えて面倒を見ていた人のホームページがあった。自然の摂理に抗う事へのためらいと、それでも見捨てるのが偲びない・・・という管理人の気持ちが伝わる内容だった。

わたしはと言えば・・・コンクリの固い地面にいるのは辛かろうと、ひょいと摘んで柔らかい土の上に投げた。それだけ(゚Д゚ ) それで十分という考え。

他の生き物にとっての食料となるのだから。

ヒバリのさえずり、やかましい

ヒバリ


スズメ目ヒバリ科ヒバリ属なので漢字で書くと「雲雀」なのだろうか?漢字で書くとなんだか特殊な能力でも持っていそうな雰囲気である。個人的な印象としてはスズメよりもウズラに似ている様な気がするのだけれど・・・。

英語だとSkylark(すかいらーく)なのだ。だから昨今は「ヒバリ」のことを「ガスト」というらしい・・・宅配もやってるらしいぞ(`・ω・´)

ところで今の時期、嫌な気分にはならないけれどヒバリの囀り、やかましい。

羽ばたきながら囀る様子を見ていると、一頻り鳴いて地面に降りてくる事もあるけれど、なんだか力尽きて墜落するように降りて来る事もある。なんだってあんなに必死で鳴いているのか調べてみたら「縄張りを主張している」らしいのだが。


ヒバリは草の根元などの地上に浅い穴を掘って、枯れ草を材料にしてお椀型の巣を作る。草地や農耕地に住んでいるので、囀るのに適した木が無いから飛びながら鳴いている・・・との噂もあります。


ある年配の方の証言:麦畑の中にヒバリの巣があっても親鳥は直接、巣に降りたりはしない。離れた場所に降りて、身を隠しながら巣に近づいてゆく。だから、降りた場所を目当てに巣を探しても・・・決して見つかりません(´・ω・`)


話は変わるが・・・冬場に芝生の上をピョンピョンしている姿を見た事があるけれど、すごく地味な感じだ。

対応ブラウザについて

このサイトの管理者はMacユーザーなので使用しているブラウザはSafariがメイン、バージョンは4.1.3の環境ですから日常的にインターネットエクスプローラー(以下ie)を使用する事がありません。(Safari4.1.3というのも古いバージョンのブラウザではありますが)



さすがに昨今はie6でないと適切に動作しないサイトも少ないのでしょうけれど、まだまだie6のユーザーも多いのではないでしょうか?
特にCSSでの表示のバグが気になるところではありますが、管理者の環境にie6が無い事から当サイトではie6での動作確認は行なっておりません。

ie6は対応していませんので、ご了承下さい。


ieもバージョンが上がるにつれて標準規格への対応が進み、Safariなど他のブラウザとの表示の違いが少なくなりました。

ie6は表示上のバグだけでなく、セキュリティー上の脆弱性が多い等の指摘もされております。利用しているwebサービスの都合でieのバージョンアップが出来ないなど訳ありの方はGoogle Chromeやfirefoxなど他社製のブラウザを併用する事をおすすめします。

もちろんSafariのWindows版もオススメです。