人人展に行ってきた07

3月24日(土)が最終日だった人人展に行ってきた。

今年も出品している作家さんから招待状が届いたのでちょっかいを出しに上野の東京都美術館まで行く事に。東京都美術館では「オルセー美術館展」もやっておりエラい混んでいた。この美術館は同時にいくつもの展示が行われており、目的の展示が行われているエリアまで辿り着けなければ永遠にこの美術館の中から出られなくなるらしい・・・うそついちゃいましたm(。・ε・。)mスイマソ-ン

さて人人展。受付で招待状をかねた葉書を提出すると入場は無料になる。葉書はとられてしまったが、命まではとられないので安心だ。中に入ると一番最初のエリアには毎年「作家として確立した」方の展示が行われているが、ココはそこそこにして奥へ奥へと進んでいく。するとそこには何とも理解しがたい世界が展開されるのだ。

作品をバックに記念写真を撮る人々。学生の展示を見るよなタブローへの意志が足りていない物。これは何???と首をひねってしまう様な物・・・等々。私もいっぱい写真撮っちゃいました。美術の展示で写真撮影可って無いんだけど、ここではOKらしい。ブラボーヽ(≧▽≦)ノ これら混ぜこぜが人人展の最大の魅力(≧ω≦) ここを訪れるまで何が起るのか?何が見れるのか?想像できない。しかも多くの作家さんが参加しているのでよくも悪くも作品同士が反発している様であり、なんだか変に馴染んでいたり・・・様々である。美術の進行形がここにはある様な、というより作家さん達のささやかな抵抗のよな。それでも人は生きてゆくのだわ・・・というか、展示を見にきた人も生きているのよ・・・そんな気分。

東京都美術館の球オブジェ


東京都美術館といえばコレでしょう!

そういえば・・・帰りに上野動物園によって、パンダ見た(*´∇`*)