ウォルター・クレインの本の仕事

会期ギリギリの5月24日に千葉市美でやっている「ウォルター・クレインの本の仕事」を観に行った。平日であるにもかかわらず絵本女子(だいぶ昔の女子も含む)が大勢いて、なかなかの集客力なのではないだろうか?

本の仕事と言いつつも19世紀後半くらいだと、現在のエディトリアルというより印刷屋としてのノウハウも必要な様子で、多色刷木工木版の技術力=色鮮やかな絵本って感じ。この辺の事に関心が多くの関心を払う私であった。なんというか・・・同業のシンパシー?みたいな。

当時の印刷技術で刷られた絵本、既に技術的には完成していて現在の印刷物と遜色はありません。

木工木版~写真製版~リトグラフと印刷技術は向上してもクウォリティは変わらない。印刷のコストや時間短縮は技術の進歩と共に進化しているけれど・・・仕事の中味(デザインや内容)はどうだろうか?


5/28は千葉市長選挙。3期目を目指す「くまがい俊人」氏は公約に千葉市美術館の拡充を公約としている。大きくなった千葉市美を見れる日を楽しみにしている(´∇`)


草間彌生 わが永遠の魂 を 観に行った。

草間彌生展


草間彌生展とミュシャ展の混雑

※草間彌生展、ミュシャ展のチケット売場、混雑状況

ご覧の通り、平日にも関わらずミュシャと彌生ちゃんは場外チケット売場で行列が出来ていた。この列のほとんどがミュシャであることを祈りつつ・・・彌生ちゃんとこへ。

入場時の混雑は無し。待ち時間はありませんでした・・・が!!!入って早々、混雑してるじゃないヽ(´Д`;)ノアゥ...春休みだから?

水玉


ちびっ子が水玉を見て「かぼちゃ~ぁ、かぼちゃ~ぁ」と叫んでいる。これはコレで微笑ましくてよいのだが・・・南瓜じゃね~よっ(#゚Д゚)って持参したハリセンでどついてみた。

もちろんハリセンを持参しているハズも無く、どついたりもしていない。

ニキ・ド・サンファルで味をしめたか?「これがお前のやりかたかぁ」と長州ぽいツッコミをしたくなるよな国立新美術館の展示手法。

草間彌生のオブジェ

入館者数をUPさせて、顧客満足度を上げるためには必要なこと。

第一の展示「21世紀の草間彌生(1)」はこんな感じ。

作品の中に描かれている一部をフューチャーして「かわいいっ」とコギャル達、SNSにアップするのだろうか?作品と写真を撮る人々・・・持参した金属バットで顔面をフルスイングしてみた。

もちろん金属バットを持参しているハズも無く、フルスイングもしていないけど。

フライヤーを見て思う。フライヤーに展示の全てを掲載する必要は無い。フライヤーを手にした人々が最大限、その展示に興味を示す事柄だけを掲載すればよいのだ。

展示されている作品の中で第二の展示「初期作品」や第三の展示「ニューヨーク時代」の方が(小品ではあるが)はるかに重い。作品の重量が重いのだ。けど・・・残念(´・ω・`)これらの作品では集客は望めない。

ポップでカラフル。コレが大事。フライヤーでは初期作品の画像は扱っていない。

初期作品はいいぜぇ。水玉を獲得するに至るまでの格闘が伝わってくる。

彌生ちゃんは才能ありだが、むしろアンダーグラウンド、サブカルの女王って感じ。けだし、生まれが裕福だったこともプラスに作用していると思うけど精神疾患?からの水玉幻想に悩まされながら、水玉とつきあいながら、最終的には水玉を獲得した。

水玉・・・なんだか、簡単に描けそうな気になってしまうけど、彌生ちゃんは随分と長いこと水玉と格闘して、獲得したのだなぁ・・・と。

フラットな印象の作品が多いけれど、作品に近づき、筆の跡をマジマジとみると凄みが伝わってくる。

水玉を獲得してからはもう、どうにでもなる。なんでもかんでも水玉にすれば草間彌生になってしまう。後半の展示には雑な印象を受けたけど水玉だけで草間作品。たどり着くとはこういうことなのかもしれない。

「生命の輝きに満ちて」という合わせ鏡&電球の暗室。よかった(´∇`)

しばらくこの部屋の中にいたかったのだけれど・・・
「前に進んで、進んで(`・ω・´)ゝシャキーン」的な感じで残念だったよ。ちょっとクラクラしたけど。

これも水玉(´∇`)無限ループ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ところで国立新美術館、喉が渇いたらどうする?

自販機無いし、カフェは高そうだし、混雑時は待ち時間も。地下にある飯屋ではお弁当も売っているらしいが・・・すぐ完売 。゚(゚´Д`゚)゜。ボタン押すと水道水がピューッで出る水飲み場もあるけど・・・ちょっと。

今回私はスープジャーにロー○ンで買ったアイスコーヒー(街カフェってやつ)を入れて持参しました。これ、大正解(´∇`)

展示の所要時間を2~3時間に押さえて、素早く行動するためには水筒が必須アイテム。私がスープジャーだったのは単に・・・必要ないのに目新しいスープジャーをネットで見かけると、衝動的にクリックしてしまうから。まっ、そのうち美術館弁当とかスープジャーに入れてあちこち行って観たいとか思う。彌生ちゃんの展示ならカボチャ弁当とかノ(´д`*)


デトロイト美術館展

デトロイト美術館展に行ってきた。会場の「上野の森美術館」に入るのは初めて・・・のような気がする。

上野公園にある他の博物館や美術館の行き帰りに何度か前を通って、それほど大規模な施設ではないなと思ってはいたけれど、ロッカーが館外にあり、サイズも小さめなのが主流。デイバックをいれられる大きなロッカーが空くまでロッカー待ち(TдT)寒いっ。

中に入ると、1Fの展示室の天井が低くてびっくりです。

上野にある他の施設に比べるとvery smallです。否、りっぱな美術館です。他の施設が大きすぎるのです。

展示の方は「印象派」~「20世紀のフランス絵画」まで。本日は撮影禁止の日ということで画像は無し。ただ・・・写真撮ってもSNS等で拡散することは禁止という新手のルールを採用している。

SNSに使えないのなら撮影しなくていいよね、きっと。SNSのネタ用に撮影する人が大部分のような気がするのだが。

全体的にインパクト不足な感じでした。それでもセザンヌとかゴッホ、ピカソは人気が高かった様子。人の群れがなかなか移動せず、滞りがちでした。

特別協賛をしていたRICOHの展示が入口にドカーンと自社開発商品をアピール。ここは拡散OK!

キャプション

触れる複製画00

触れる複製画01


このようにタイアップをしないと美術館も入場料収入だけではやっていけないのでしょう。この手の手法は今後増えるような気がします。

上野に行ったらカレー専門店 クラウン エースでカレー・・・今回はカツカレー(500円)を頂きました。カツ薄っ(・ェ・)今日の展示のような薄さでしたヽ(´Д`;)ノアゥ...


あと3ヶ月もすれば、花見でドンチャンするところに桜の花びらを彷彿とさせるイルミネーションが点灯していた。

上野のillumination