さといも2016

さといも2016


なかなか葉っぱが枯れなかったけど、
収穫時期はとっくに過ぎていたので掘り出した。
今年は雨の日が多かったからか?さといもは豊作。
たいていのモノは台風でやられちゃったけど・・・感謝(´∇`)

じゃがいもを植える為の畑作り

2007年03月11日より参照

畝(うね:植える列)の中央に浅く溝を作り、30cm間隔で植えましょう。
種イモを切った場合は、切り口を下に向ける事。

おじゃが植付け


追記:
※種イモが大きい時は切り分けて使います。その時、切る方向はタテに切る事。
※植える時、肥料が直接触れると傷んでしまう。注意が必要だ(`・ω・´)


2007年03月17日より参照

おじゃがの植え付けのため土づくりをしたので、植え付けしてみよう(`・ω・´)

おじゃが


写真の様に芽が出始めてしまった。2茎期と言う状態なのかな? この辺りで植え付けると芽が太く、生育良好で収穫が多くなるとのこと。これ以上芽の数が増えて伸びてしまうとよくないらしい。そんな中途半端な知識を得たので慌てて植え付ける事にする。
50g以上のいもは半分に切り分けるらしい。しかも切り分ける時は縦に切り分けなければ一大事になるらしい。いったいどのような災いが降り掛かるのか? 恐ろしくて想像もつかない。故に言われるがまま縦に切り分けて3日くらい乾燥させたら下の写真の様になってしまいました。腐っちゃった(?_?) まぁいい。とにかく埋めてみた。おじゃが埋めるだけでも実に様々な知識が必要だ。時間を見つけてまとめをしておこう。

おじゃが


フレッシュおじゃがもしわしわガビガビに(;´Д`) 切り口がコルク状になるとどこかで読んだがこの色・・・おかしくないっ(;´∀`)

じゃがいもの芽が出てきたよ

去年コンポストを置いていた場所からじゃがいもらしき芽が出てきました。9年前に種芋を購入して育てた事があるけれど。たいていの事は忘れてしまった。

じゃがいもの芽


一通り、じゃがいもを育てるための知識を再インストールし、大事に育てていきたい。新聞に掲載されていたのだけれど、栽培の記録は残しておいた方が良いようです。自分だけの教科書になるからでしょうか。

栽培管理表

栽培管理表


育て方はセルフトート

生育条件/生育適温:15~24度、日当りが良く、通気性、排水性の良い、有機質に富んだ土壌が適しています
植え付け/暖地では2月中旬~3月下旬 寒地では3月中旬~5月上旬が植え付けの目安となります。

じゃがいも(ナス科)を植える為の土作り

※植え付ける3日前までに、深さ20~30センチまでよく耕す。
※肥料は1平方メートル当り「堆肥1キロ:化成肥料60g(窒素15:リン15:カリウム15)」の割合で施してよく耕してください。
※収穫は梅雨の長雨に入る前に行うのがよいそうです。たぶん雨にやられて腐ってしまうからだと思います。
※連作障害を防ぐためにナス科同士の植物を同じ場所に3~4年作らない様にします。