はじめてのセーフブート

今年も残りわずかとなりました・・・師走になると、無性に片付けものをしたくなる。むしろ片付けものをすることによって、師走は師走になるのではないのだろうか?

そんな気分にはなっていないけれど、片付けものをする。断捨離を目指すも思いを断ち切る事が出来ない私はレジ袋のように捨離捨離としている。

三次元の進捗はままならないけれど、Macの中のデータは整理しないとClassicOS時代のデータなどは開く事もままならなくなっている。データの整理は時間との戦いになってしまった。

日頃よりこまめにデータ整理ができる子なら問題なかったけど、かつて「検索すればいいのだからパソコンの中味なんて整理しなくてよいのさ(´∇`)」みたいな記事を読んで共感してしまった私は多くのデータを野方図に蓄積し、その時々の気分でかなり出鱈目なファイル名で保存してきたので検索の単語が思い出せなくなっている。

「金赤全力修正.ai」みたいなファイル名はプロジェクトが進行している間は、かなり判りやすいファイル名なのだけれど・・・時が経つと何の事やら見当さえつかない。

ファイルの中味や種類を分類しながらTime Machineが使えるMacに少しづつファイルを移動し始めました。

そういうときの「あるある」なのでしょうが、Tiger(10.4.*)のMac miniのFinderが壊れて立ち上がらなくなりました。

他のMacからLANで接続すると中のファイルはきちんと見えるし、ファイルも開く。Finderだけの問題である。「First Aidで直るだろう」と思いインストールDVDを探すも見つからず・・・三次元の方の片付けもの兼DVD探しで一日が終わる。

翌日、やっとみつけだしたDVDでFirst Aidをかけるも修復出来ず。

ネットで解決法を検索したらMac の起動を完了できない場合にセーフモードを試す - Apple サポートにたどり着いて、書いてある通りにセーフモードで起動したら、いとも簡単にFinderが復活!

メニューから再起動をかけて問題なく起動した。

少し慌てたけれど、回復できてホッとした。脳の皺も増えたし、年賀状の作成・プリントをするために別のMacにあれやこれや設定する必要が無くなった。

セーフブート・・・このような起動方法があるとは・・・壊れてみないと気づかないものである。

秋雨前線早くないぃ

前回の日記で暑い、暑いとぼやいていたのに・・・最近はメッキリ涼しくて8月であることを忘れてしまいそう。

秋の気配も忍び寄る。

夜になると虫の声。

以前の日記で紹介したスイカも写真の通り。もうこれ以上育たないと判断して出来の悪いのは土の中へ。来年に期待(`・ω・´)

すいか01


すかい03

なんか、割れちゃうんだよねぇ

もともとが小玉スイカだったので、カタチになったのはハンドボールくらいの大きさのスイカが二つ。

二つも出来れば上出来(´∇`)

基は生ゴミとして破棄したもの。なんだか種は多かったけど、おいしゅう頂きました(*´∇`*)

時間の経過は何かとおそろしい。スイカは育たなくなり割れてしまうし、かれこれ20年くらい通った床屋は7月で閉店していた。

行きつけのドラックストアも9月で閉店するし・・・(´・ω・`)


室温34℃を記録

暑中お見舞い申し上げます。

ちなみに、梅雨が明けてから立秋前までが『暑中お見舞い』です。今年の立秋は8/8です。『残暑お見舞い』は立秋から8月31日までになります。


みなさまも熱中症などならぬよう工夫をされていることと存じますが、本日、気を抜いていたら室温が34℃を記録しました。38℃だの40℃だのを記録している地域の方には申し訳ないけど・・・34℃はすでに危険です((((;゚Д゚)))

エアコンを入れてなんとか凌ぎましたが・・・エアコンを纏って生きているわけではないので、雑事をこなすために体を動かしていると、すぐにのどが乾きます。

太陽の光を浴びると暑い・・・というより痛いです。

来年あたり、もしかすると数日中にこの記録が破られる事になるのではないかと思いまして・・・覚え書きとして記録しておきます。

5年後の2020年には東京でオリンピックが行なわれる様ですが、5年後の東京の日中の気温は40℃を超えるのではないでしょうか?不安です。

温暖化対策・・・各国が協力して取り組んでいくことを望みます。

最近の夏の、異常な暑さは、十分にテロです。

この暑さが後一月半くらいは続くかと思うと・・・心が折れます(´・ω・`)